お墓の地震対策

耐震工法 免震工法

地震とお墓

●地震の震度はどうやって測る?

「震度」とは、地震によって地面が揺れる強さを言います。かつては気象庁という役所の人が、体で感じた揺れの強さから震度を決めていました。しかし1996年からは、「震度計」という機械を使って自動的に計測されるようになりました。気象庁では全国約600ヵ所の地点で震度を計測し、地震が発生するとすぐにニュースなどで人々に知らせるような仕組になっています。

●震度・揺れの目安

震度1 屋内でも、感じる人と感じない人がいるくらいのわずかな揺れ。
震度2 電灯などぶら下がっている物がわずかに揺れる。
屋内の多くが揺れを感じる。
震度3

震度4
屋内のほとんどが揺れを感じる。
食器棚の中の食器がカチカチ音を立てることもある。
ぶら下がっている物が大きく揺れる。
食器が音を立てて揺れ、置き物が倒れることもある。
外を歩いている人も揺れを感じる。
このくらいになると地震の恐怖を感じる。
震度5弱 多くの人がとっさに身を守ろうとするくらいの怖さを感じる。
食器や本が落ちたり、家具がずれたりすることがある。
外ではブロック塀が倒れたり、窓ガラスが割れたりすることがある。
震度5強 かなり恐怖を感じる。
テレビが台から落ちたり、家具が倒れたりすることがある。
外では多くのブロック塀が倒れたり、お墓の石や自動販売機が倒れたりし、車も止まってしまう。
ガスや水道に被害が発生することもある。
震度6弱 立っているのが難しく、ドアが歪んで戸が開かなくなったり、かべや柱にひびが入ったりする。
木造の家は、倒れることもある。
地割れや山崩れが発生することもある。
震度6強 這わないと動けない。
多くの建物の壁やガラスが壊れて落ち、
コンクリートの建物も、倒れてしまうことがある。
震度7 動こうと思っても自分では動くこともできない。
多くの建物が壊れたり傾いたりし、地形が変わってしまうこともある。

墓石材の種類

一般的な仕様

竿石、上台、中台、芝台の接触面をセメントノロで接着しています。
セメントは乾燥、収縮により接着力が低下し、長い間に効果が無くなります。震度5強の地震で竿石が倒れます。